ソウルスターリングが帰厩

ネタ元のURL:http://www.hochi.co.jp/horserace/20170818-OHT1T50163.html

「体がひと回り大きくなりましたね」
今年のオークスを制したソウルスターリング(牝3歳、美浦・藤沢和厩舎)が18日、宮城・山元トレセンから美浦に帰厩した。「馬は変わらず元気。体がひと回り大きくなりましたね」と津曲助手。予定通り、毎日王冠(10月8日、東京)に向けて調整を進めていく。また、神戸新聞杯(9月24日、阪神)からの始動を予定する同厩の日本ダービー馬レイデオロ(牡3歳)は来週23日に帰厩する。

提供:http://www.hochi.co.jp/horserace/20170818-OHT1T50163.html

引用元:この記事を読む



【万哲の馬場予報】北九州記念(小倉芝) 「“1分7秒台前半”は確実で、時計勝負の様相」

 毎週欠かさず馬場に関する情報を収集し、自身の予想に反映させるというスポーツニッポンの“万哲”こと小田哲也記者が、“予想に役立つ馬場情報”をコンセプトに、重賞が開催されるコースについて、当週の降水量・前日のレース結果等を踏まえた主観的意見から、よりライブな馬場状態を解説する。

【北九州記念(小倉芝の傾向)】
 札幌とは対照的に4週連続でAコース使用。週中は雨が続き、芝は金曜正午段階では稍重だったが、土曜は良馬場で終日施行された。芝は見た目には内が多少傷んできたが、土曜に限れば「先行馬の天下」だった。内寄りを極端に避けて通るシーンは見られなかった。

 土曜の芝7戦中、6戦は勝ち馬の最終4角位置が「4番手以内」。唯一、例外は...

続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

引用元:この記事を読む



ルメールが札幌12Rで年間100勝を達成

 クリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=は19日、札幌12Rの石狩特別(3歳上500万、芝1500メートル=14頭立て)で騎乗したスターオブペルシャが1着となり、3年連続3回目となるJRA年間100勝を達成した。戸崎騎手、Mデムーロ騎手に続いて今年3人目。

 ルメール騎手「インタビューの時間が長く取れる最終レースで、年間100勝を達成することができました。藤沢和雄厩舎の馬で達成しましたが、オークスと日本ダービー両方を勝ったように、今年はとてもいいコンビネーションです。ソウルスターリングやレイデオロは強い馬ですから、秋も楽しみです。札幌競馬場は、とてもきれいで、ヨーロッパの芝に似ています。これからも年間100勝を達成していきたいです」

引用元:この記事を読む



ダイアナヘイローが4.0倍で1番人気/北九州記念前日オッズ

3連勝中のダイアナヘイローが前日オッズ1番人気(写真は2017年佐世保S優勝時)

写真を拡大 写真拡大

3連勝中のダイアナヘイローが前日オッズ1番人気(写真は2017年佐世保S優勝時)

 20日に小倉競馬場で行われる、第52回北九州記念(3歳上・GIII・芝1200m)の前日オッズがJRAより発表された。

 単勝オッズ1番人気には、3連勝中のダイアナヘイロー(牝4、栗東・福島信晴厩舎、4.0倍)が支持された。各馬の単勝オッズは以下の通り。

 左から馬番、馬名、オッズ

09 ダイアナヘイロー 4.0
13 キングハート 5.3
08 ファインニードル 5.3
02 アクティブミノル 9.0
05 エイシンブルズアイ 10.7
07 アルティマブラッド 17.8
17 プレイズエターナル 19.0
03 トウカイセンス 19.4
16 バクシンテイオー 22.4
10 ダイシンサンダー 26.3
14 ツィンクルソード 26.7
01 ラヴァーズポイント 29.4
15 ミッキーラブソング 39.5
18 ラインスピリット 42.3
04 オウノミチ 49.0
12 ナリタスターワン 49.5
06 ナガラオリオン 59.2
11 ポメグラネイト 189.1

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

【関連記事】
【特集】 札幌記念の最新情報をチェック!
【特集】 北九州記念の最新情報をチェック!
【丹下日出夫×長谷川仁志】 様々な要素の問われる札幌記念の見解を動画で披露!
【小林智×藤岡佑介】 海外に行って改めて知る“武豊”の凄さ
【ウマい馬券】 100万馬券の女神、倉持由香ほか人気予想家40名の予想を公開!

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このニュースに注目する

引用元:この記事を読む



バクシンテイオー昨年の再現目指す/北九州記念

 こんにちは。先日、メジャーリーグで日本人選手2人に関係する大型トレードがありました。私が過去にプ・・・[続きを読む]

 競馬歴半世紀のベテラン・水島晴之の予想、コラムを集めた新コーナー「競馬夢広場」がスタート。紙面でも大好評の「単複で買え!!」、柴田大知騎手が騎乗馬を振り返る「大知が駆ける」、G1のステップレースを徹底分析する「前哨戦その一瞬」を掲載中です。[続きを読む]

 涼しい札幌を熱くする。  先週日曜から北海道出張に来ている。札幌競馬場は思ったよりも人馬が少なく・・・[続きを読む]

引用元:この記事を読む



世界の名手モレイラも怖い札幌記念座談会

競馬専門紙「優馬」トラックマン座談会

 佳境を迎えるサマーシリーズだが、今週は“2000”の札幌記念、“スプリント”の北九州記念が行われる。名物GII札幌記念には、夏の王者を狙う馬や秋を見据えたA級馬が集結し、さらには“マジックマン”の異名で知られる世界的な名ジョッキー・J.モレイラも参戦。優馬TM(トラックマン)陣のジャッジは如何に。

人気ヤマカツエースに 未対決の4歳勢が迫る

デスク「今年は10年ぶりにGI馬の出走がないとのことで寂しさを禁じえないが、このメンバーなら、2000mの重賞4勝というヤマカツエースの実績がモノを言いそうだな」

小桧山ヤマカツエースは、このレースで3歳時に4着、昨年も5着ともう一息だけど、それ以降はGII2勝にGI大阪杯でも3着と、相当パワーアップしてるからな。フラットなコースで速い時計の決着に不安を残すとはいえ、今年のメンバーなら何とかなるよ。昨年夏負けしたこともあって、今年は宝塚記念をパスしてここ一本に備えたものだし、もちろん秋のGIを視野に入れているものの、態勢としてはほぼデキているぞ」

山崎「秋はともかくとしても、コーナー4つの2000mはベスト条件ですからね。ここで星を落とすわけには行かないと思いますよ」

三代川「今回は先行争いがスンナリと決着してペースが落ち着く可能性も高そうですが、ヤマカツエースは早目に進出する形の競馬もできるので、軸としては信頼できると思います」

デスク「ただ、重賞を全部で5つも勝ちながらGIタイトルに手が届いていない馬だよな。本当に勝ちたいのはココではなく、その先なんじゃないのか」

広田「池添兼師が“最高の状態でレースに臨めた”という大阪杯は、あと一歩の3着でしたが、結果的には位置取りの差が出た格好でしたし、ラストの伸びも見せ場十分でしたからね。“秋には大きいところを狙いたい”という言葉も、だからここは余裕残しで、ではなく、だからこそ結果を求められる一戦になるはずですし、実際に夏負けが尾を引いた昨年とは雲泥のデキですよ。例年以上に涼しかった函館競馬場での調整がうまくいったんだと思います」

デスク「とはいえ、まだ手を合わせていない4歳馬との力量比較も難しいんじゃないか? 本紙中田の◎もそういう意図だと思うが」

中田「年明けの京都金杯を勝ったあとは人気に応えられていないエアスピネルですが、3歳クラシックでの戦績を考えれば、ここでは主役を張るだけの力があると見ます」

落合エアスピネルは、これまで連対した5戦が全てマイル戦なんだけど、2000mでの2戦が、弥生賞でコンマ3秒差3着と、皐月賞のコンマ5秒差4着なら、ベストではなくても守備範囲の距離だと思うぞ。1週前にはルメール騎手が函館に出向いて感触を確かめていたし、厩舎サイドのヤル気も伝わってくるよな」

広田「それは取材でも伝わってきましたよ。前走の安田記念がほとんど追えるシーンのない不完全燃焼だったこともあって、陣営は放牧に出さずに目標をここに設定しましたが、中間の調教過程からは、ここに賭ける陣営の思いを感じますね。初の洋芝も、函館の本馬場での動きから問題ないと判断できますし、新コンビとなるルメール騎手も好感触を得た様子です」

清野「私は、ヤマカツエースには3ヶ月以上の休み明けで実績がないこと、エアスピネルもやはりマイルがベストなのでは、という気懸かりな点があるので、マウントロブソンに期待します。昨年の札幌で大暴れしたモレイラ騎手と堀厩舎。今年の札幌でも勝ち鞍数1位のディープインパクト産駒。まだまだ上積みが見込めそうな前走の勝ちっぷり。買える材料はたくさんあると思います」

打越「過去4勝が全て小回りコースで、初の札幌も適性十分と見ていいし、キレ味より渋太さが持ち味だった馬が、前走で瞬発力勝負にも対応できた点に成長を感じたな。7ヶ月ぶりを叩いた上積みに加えて、やっぱり鞍上も魅力だよ」

目黒「昨年はネオリアリズムが逃げ切り、2年前のディサイファも2番手から抜け出し。3年前こそハープスター、ゴールドシップの追い込み決着でしたが、これは2頭ともGI馬。Cコースに替わることで、基本的に先行できて自在性のあるタイプが有利なレースですからね。マウントロブソンは逃げたいロードヴァンドールの隣に入って、2・3番手の好位を確保できそうですし、あとは僕も“マジックマン”の手腕に期待したいです」

馬場「追い切りで跨いだそのマジックマンは“少しテンションは高かったが、元気が良いと言える部類でコントロールは利いていた”と、感触も上々のようでしたね。陣営からも“長期休養明けを勝った反動はない”と、状態に関しては不安なしの雰囲気でした。あとは力関係だけでしょう」

木谷エアスピネルはクラシック3戦を4・4・3着で皆勤しましたが、マウントロブソンも6・7・7着で皆勤してるんですよ。力が足りないことはないでしょうし、小回りの中距離戦や洋芝への可能性を考えると、ここで逆転という展開もあるかもですね」

引用元:この記事を読む



【日曜小倉12R】当たり屋藤岡に亀井がどこまで迫るか

【日曜小倉12R】当たり屋藤岡に亀井がどこまで迫るか

(C)日刊ゲンダイ

 先週の関屋記念で3連単13万馬券、馬単1万3300円をヒットしてノリノリの藤岡記者。このレスキュー隊も“お任せあれ”と自信ありだ。

「本命はクリノピョートルで。前走は直線で落馬があって、その馬がのめる形で前のクリノにも接触してただろ。田嶋助手も“そ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • facebook 
  • twitter 

引用元:この記事を読む



【日曜小倉11R・北九州記念】小倉千二ならプレイズエターナル差し届く

武田昌已
著者のコラム一覧

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【日曜小倉11R・北九州記念】小倉千二ならプレイズエターナル差し届く

昨夏の北九州短距離Sで首差②着(C)日刊ゲンダイ

 札幌記念はサウンズオブアースに◎。これまでずっと「本質的には中距離の馬では」と思っていただけに、今回の二千メートル出走は“待望の”と言いたいところ。

 一方、北九州記念の方も“待望の小倉出走”と考えた馬に◎です。

 そ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • facebook 
  • twitter 

引用元:この記事を読む



【日曜小倉11R・北九州記念】松若アルティマブラッド狙い撃ち

新谷学
著者のコラム一覧

新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【日曜小倉11R・北九州記念】松若アルティマブラッド狙い撃ち

春雷Sは③着でも高評価(C)日刊ゲンダイ

 前走レースレートで最高値なのが人気を集めるキングハート。ただし、前走の函館スプリントSのレートは115。単不動とするほどの数値ではない。本命はアルティマブラッドでいく。

 その前走最上位馬を物差しにすれば勝機は十分にある。注目したいのが2走前の春雷…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • facebook 
  • twitter 

引用元:この記事を読む



【日曜小倉11R・北九州記念】絶好調ファインニードルの重賞初制覇だ

藤岡信三
著者のコラム一覧

藤岡信三

食らいついたら離さない。この厩舎もあの厩舎もお任せの西のベテラントラックマン。長年の取材で築いた独自のネットワークを駆使した情報網から勝ち馬を導き出す。

【日曜小倉11R・北九州記念】絶好調ファインニードルの重賞初制覇だ

重賞に手が届く(C)日刊ゲンダイ

【小倉11R・北九州記念】 ファインニードルで勝負する。

 デキの良さはここ2週の坂路追いでもはっきりと分かる。テンから飛ばした先週は51秒8、1Fは11秒9の素晴らしいフィニッシュ。さらに今週は不良馬場の中で1F11秒8。それも軽く仕掛けた程度で、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • facebook 
  • twitter 

引用元:この記事を読む